スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< わたくしも「時をかける少女」になりたいですわ | main | 高校野球頑張ってますわね! >>

マリー・アントワネットの悲劇

今日はちょっと有名なマリー・アントワネット・ジョセファ・ジャンヌ・ド・ロレーヌ・オートリッシュ(長い名前ですね)について。
マリー・アントワネットは、オーストリアの名門ハプスブルク家で生まれた姫でした。
彼女はまだ14 歳という年齢で異国のフランスへと政略結婚のため嫁ぐこととなりました。そんなマリー・アントワネットが大好きだったのは宝石で、特にダイヤモンドとパールが大のお気に入りでした。彼女はたくさんの宝石をコレクションしていたのにも関わらず、それでは物足りなかったのか借金までして、常に流行のものを追い求め買い続けていたそうです。
マリー・アントワネットに夫であるルイ16世は全く関心がなく、自分の趣味にしか興味がない、こちらもまだ15歳でした。皆に監視されながら迎えた初夜(こんなのイヤだ!)以来、彼女はずっと王室だけではなく、唯一味方になってくれるはずだった最愛の母からも「早く世継ぎを」、というプレッシャーを浴びせられ、周囲の人々は陰口を続けるばかりの毎日でした(最悪ですね)
マリー・アントワネットは誰にも相談することが出来ず、虚しさに打ちひしがれる毎日。そのストレスを、靴やにドレス、お菓子、そして、大好きな宝石で満たしていたのでした。
そんなある日のこと、ひとつのダイヤモンドにまつわる詐欺事件が起こってしまいます。マリー・アントワネットはまったくの被害者でしかなかったのですが、普段の彼女の行動が災いとなって誰にも信用されませんでした。
彼女の評価はがた落ちとなり、フランス王室の威信までが、地に落ちていったのです。そして、8年後、マリーアントワネットは斬首されてしまったのです。
マリーアントワネットが、そこまで宝石におぼれなかったら、革命の魔の手も、こんなにも鋭く彼女にさしかかったりしなかったかもしれません。しかし、哀れなことに、宝石がなければ彼女の寂しい生活を満たすものはなかったのでしょう。
何にせよ、宝石とはこのような悲しい話も多々ありますね。
| ひよのすけの独り言 | 14:38 | comments(0) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

| - | 14:38 | - | - |
Comment









Trackback
url: http://hiyochannikki.jugem.jp/trackback/91
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
2007/11/17 2:42 PM, from -

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Search
New entries
Categories
Archives
Profile
Links
Recent trackback
Recommend
ランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
Sponsored links
Others